入社の動機

「超試食販売」。そして他に類をみない会社の成長率

「超試食販売」。そして他に類をみない会社の成長率

シュクレイには中途採用で入社しました。それまでは大手のカメラ専門店チェーンでコアなカメラ・ファンのお客様からファミリー層のお客様まで幅広い接客販売を行っていました。お客様一人ひとりの背景をよく理解して、そのお客様のために最適なカメラ、周辺機器をご提案する。新卒から14年間、そんな接客にやりがいを持って臨んでいました。
 
転職を考えた時にシュクレイに惹かれたのは「超試食販売」という、今までに聞いたこともない“試食”の在り方を実践していたから。「超試食販売」とは私たちの経営バイブル“こづち”の中にも登場するシュクレイ独特の“試食”への考え方です。
 
「超試食販売」とは「ふんだんにまずは召し上がっていただくことはもちろん、原料の選別や独自の製法などのこだわりに“感動”していただく」試食のこと。自分がお土産のお菓子を購入する際に、そんな接客は受けたことはないなと思い、とても興味を持ちました。それに会社の成長率も、他に類をみない素晴らしい伸び率を記録していました。「これには何か特別な理由があるはずだ」と思い、シュクレイの門戸を叩いたんです。
 
研修も兼ねて入社後1か月間は東京駅の「ザ・メープルマニア」に仮配属されたのですが、その接客に正直圧倒されました。東京駅のお客様はその多くが時間のない方です。試食をお出しして、笑顔とひと言。それで3秒。3秒で決まる接客。
 
これまでカメラの販売でじっくりとお客様と会話をしていた私にとって、それは衝撃の接客販売でした。その後、研修を終えて羽田空港の店舗へ本配属になりましたが、比較的お客様とお話する時間のある羽田空港でも、この“一瞬で惹きつける接客”はお客様との会話のつかみとして多いに役立ちました。

出来事

お店はひとつの会社である

お店はひとつの会社である

忘れもしない2015年の12月31日、「新ブランドの店長をやってほしい」というお話をいただきました。新ブランド「Butter Butler (バターバトラー)」の誕生です。「ザ・メープルマニア」のお店にも立ちながら2か月間、3月はまるまる新店準備に費やし、4月15日オープンを迎えました。
 
4月15日は熊本の震災の翌日。自粛ムードの中、初日の来店者数は予測を大きく下回りました。その後もデベロッパーさんの調べでは館内来場者数は予定数の5~6割程度。静かなオープンとなりました。でも、「お客様が少ないなら、そのぶん丁寧な接客ができる」「今日の売上より大事なのは“今日1日、熱狂的なファンを創る”こと」と、基本に立ち返り、スタッフ一丸で接客に臨みました。その結果、テレビにも取り上げられ、6月以降の売上は倍近くに。
 
スタッフみんなで喜びをわかち合いましたが、私がその時一番心配したのは、そこまで頑張ってきただけに“燃え尽きた感”が生まれることでした。
 
9人のスタッフ全員と1対1で話し、私は伝えました。「Butter Butlerを、東京を代表するブランドにしたい」。それはこれからのビジョンの提示。そして、「我々はこのフロアで一番活気のあるお店でなくてはならない。フロアをリードしていくのは我々なのだ」と。お客様に喜んでいただくこと、そしてフロア全体を盛り上げていくこと。それが私たちのミッション・役割であると伝えたのです。
 
ここからの再スタートが現在の「Butter Butler」を支えています。「ビジョン。ミッション・役割の認識」、それがどれだけ重要なことか。「お店はひとつの会社である」ということを肌で感じた経験でした。

“お客様の花道”をチームプレーでつくり上げる

“お客様の花道”をチームプレーでつくり上げる

役割の認識が人を動かす。それを個々のスタッフに落とし込むのも、店舗を任される店長の大事な仕事です。自分の役割を認識することで人はモチベーションを高く持つことができます。
 
その点においてシュクレイの接客販売“チームプレー”は優れたものです。「試食をお出しする人」「看板を持って声を出す人」「お客様と会話をする人」「商品の補充をする人」。それぞれに役割がある独自のチーム戦略。
 
看板を持って大声を出すことで注目を浴び、どんどん試食を出してお客様が集まる。商品のこだわりを、感動を、伝える。そしてお買い上げ。その“チームプレー”の中心には、目にはみえない“お客様の花道”がある。主役はお客様であり、お客様が気持ちよくお買い物をできる“花道” を“チームプレー”でつくり上げている。
 
それぞれがそれぞれの役割を全うすることで、目にはみえない“花道”が維持されているわけです。スタッフ一人ひとりがそれをわかっているからチームで頑張れる。時期がくれば「今度はこの役をやってみる?」というように、新しいチャレンジもできます。
 
だからシュクレイは人を減らさない。世の中は人件費削減の傾向なのに、シュクレイがそれをしないのはチーム力で売上が上がることを知っているから。本当に夢のある会社だと思いますね。

ルーツ

忘れもしない高校最後の夏の大会

小学校の少年野球にはじまり、中学・高校・大学とずっと野球部に所属していました。一番思い出深いのは、やはり高校最後の夏の大会ですね。9回表、6対1で負けていました。ツーアウトから相手のエラーで私の前のバッターが塁に出て、そして私の打席…。
 
「自分までまわしてくれた」。そんな思いを持ってバッターボックスに向かう間、スタンドの応援を妙に冷静に眺め、打席に立つ。ベンチの仲間が息を呑んで私をみている。すべてがスローモーションで、やけに時間が長く感じられる。
 
三振…。これで終わったんだと涙が止まりませんでした。野球は守備も攻撃もすべてが“チームプレー”です。それぞれの役割がつながって、守り、攻める。そんな3年間の思い出が走馬灯のように蘇ってきました。
 
もしかしたら私にとってのモチベーションは、あの日の雪辱を晴らすことなのかもしれません。だから今、いい仲間と出会い、お店というステージで第二の野球人生を送っている。どこまで行っても私にとってお店は“チームプレー”なのです。
 
私の父はある老舗百貨店に勤めていました。夕食時に話す父の“接客話”を興味津々に聴いていた幼少期。いつか自分も接客の職に就くんだと幼心に決めていました。シュクレイの、私の、接客はこの21世紀、最先端の接客であると思います。お店の仲間とこの接客に誇りを持って、更なる磨きを掛けていきたいと思っています。

忘れもしない高校最後の夏の大会

私の仕事自慢

もしかしてバトラーさん?
メディアでも取り上げていただき
文字通り、お店の顔となりました

バターバトラーのオープンは様々なメディアにも取り上げていただき、感謝に堪えません。取材時に私の顔と出で立ちがロゴの執事にそっくり!ということもあり、すっかりお店の顔になりました。ロゴが先か?長部が先か?それとも商品への愛情と思い入れがそうさせたのか?現在もそこは調査中であります(笑)。いずれにしても今では、もうこの蝶ネクタイとモーニングが体の一部となりました。あっ、さすがに出勤時は別の服です。

カジュアルでカワイイ制服に身を包み自分たちで立てた企画でキャンペーンを打つ!

◆お客様とも「似てますか?」「似てますね~」という会話が
普段からこの出で立ちでお店に立っているので、お客様ともロゴと長部の話によくなります。でも、こういうパフォーマンスも味に自信があるから出来るんですよね。

  • 東京ミルクチーズ工場 ルミネ新宿店 店長 小泉 桃子(2013年新卒入社)
  • ザ・メープルマニア 東京駅グランスタ店 店長 金田 健治(2014年中途入社)
  • コートクール ルミネ立川店 店長 金苗 未菜美(2011年新卒入社)
  • 築地ちとせ ルミネ新宿店 店長 飯島 千晴(2015年中途入社)
  • Butter Butler (バターバトラー) 店長 長部 竜人(2015年中途入社)